2005年11月18日

昔取った杵柄

小学生の時、学級内では「新聞づくりブーム」が勃発し、
種種多様な新聞社(?)がこぞってクラス内を活気づけていた。

そんなルネサンス期に普段は自主性のないaque(当時10歳)が意を決して、新聞社を設立。
その名は「めだまやき新聞」。
もちろん編集長はアタシ。
クラスのニュースあり、aqueのへっぴり漫画あり…と、なかなか読み応えがあった。
何かの間違いで学級委員をしていた時、パートナーに「しっかり仕事してください。」と学級会で烙印を押された苦い経験があるどうしようもないヤツだが、「めだまやき新聞」は自他共に認める「人気新聞」にまでのし上がり、編集者6人弱をまとめ上げる敏腕編集長だった。(自称)
糸井重里さんが「クリエイティブがイニシアティブをとる。」と仰っていたけど、10歳のaqueはまさにそれを実行していたんだな。。。

news_omote.jpg…なんて、そんな昔のことを
今鮮明に思い起こしている。
というのも、最近のaqueのライフワークは
「新聞(フリーペーパー)づくり」。
誰に読ませるかも何ら目的も定まらず、一人コツコツ仕事の合間を縫って、
制作した血と汗と涙の結晶。
しかも第2弾が完成間近!(後は微修正のみ)
昔取った杵柄が忘れられないのね、アタシ。

もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら
コメント下さい。
ちなみに第1弾は今や季節はずれのハロウィン特集。
在庫ありますよ。。。
posted by aque at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当時10歳の編集長さんが大人になってまた新聞作りに没頭し始めるなんて、なんて運命的なのでしょうか!?  
 それはまるで鮭が生まれ育った川に戻るように、スズメが百まで踊りを忘れないように、これからの未来に繋がりそうですね!わくわくします。
Posted by at 2005年11月19日 11:40
運命的…すてきなお言葉!
自分の根っこってちっちゃい時から培われてるんですね!
「スズメが百まで〜」…アタシは手相で98歳まで
生きるっていわれたので約100歳…ピッタリです。
わくわくですね!!
Posted by aque at 2005年11月20日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック