2008年04月14日

【cinema】マッチ工場の少女

0414_cinecafe.jpg


先日、友人のイラストレーター・たけもとえりこちゃんと
十条にあるカフェ「cinecafe soto」さんに行ってきました。

sotoさんでは毎月映画上映を企画していて、
上映後は映画にちなんだお料理が出てくるというステキなカフェ。

今月はアキ・カウリスマキ「マッチ工場の少女」を上映。

アキ作品は以前から
「aque映画必見list」の上位にあがっていたものの
なかなか観る機会がなかったため未見。
なので今回はいいチャンス、
しかもお料理と映画のコラボというコンセプトに惹かれ
世田谷の我が家から北区十条と、はるばる東京横断したわけです。

さてさて。
映画は、予想通りaque好みの作品でした。
台詞がほとんどない。
大袈裟な演技もない。
余計な説明もない。
しかもHAPPY ENDじゃない。
主人公がとことん不幸で、その結末も暗いのに
清々しささえ感じる。
どこにでもいそうな冴えない主人公を演じる
アキ作品に欠かせない看板女優カティ・オウティネン
存在感、微妙な表情の変化ですべてを物語る演技は脱帽!
他のアキ作品もこれをきっかけに観ようと思います☆

そして、上映後はお待ちかねのお料理!
映画の中にちょこっと出てきた「ローストチキン」。
映画の登場人物たちと同じものを食べる
…なんだかとっても嬉しくて、美味しくって
贅沢な気分を味わいました。

また東京横断して行こう♪



----------------------------------------------------------------

「マッチ工場の少女」
マッチ工場で働くイリス(カティ・オウティネン)。
同居している母親とその愛人は、
稼ぎも家事もイリスに頼りっきり。
気分転換にディスコに出かけても、誰ひとり声もかけてくれない。
ある日、思い切って派手なドレスを買った彼女は
家を飛び出してディスコに向かう。
そして初めてとある男性と一夜をともにするものの、
当然のように捨てられてしまう。
しかもその一度きりの関係で妊娠してしまう。
男からは堕ろすようにと小切手を送りつけられ、
家族からは邪険にされたイリスが最後にとった手段とは…

製作国    フィンランド
初公開年月  1990年
監督     アキ・カウリスマキ
出演      カティ・オウティネン他



----------------------------------------------------------------

posted by aque at 22:00| Comment(4) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
aqueさんこんばんは☆
「マッチ工場の少女」・・・なんか独特な映画そうですね。
ハッピーエンドじゃない暗い映画・・・心して観たいです。

ブログにコメントありがとうです!!
うれしいです☆
Posted by となりのマユ at 2008年04月15日 01:13
*マユさん
マユん、こんばんは★
コメントありがとうございます^^
ハッピーエンドじゃない上に、
台詞もほとんどなく、展開もゆっくりなので
心して観ないと眠くなるかも!?!
機会があったらぜひ^^

こちらこそ、ブログで宣伝して下さってありがとございます^^
またのぞきにゆきますね♪
Posted by aque at 2008年04月16日 00:40
初コメント書き込みです☆
普段直接お会いしているせいか、こちらにお邪魔するのなんだか照れちゃいます(笑)

日記本当に可愛いですね〜♪
中目黒も今回のカフェも、aqueさんブログ読むとaqueさんとの会話とか思い出してウフフと一人笑ってしまいます^^

「cinecafe soto」またぜひぜひ行きましょう〜♪♪

Posted by えりこ at 2008年04月19日 01:08
*えりこちん
初コメントありがとう^^
アタシも何だか照れちゃうよ!(笑)

最近、アタシの日記にえりこちんが増えてきて
嬉しいよ〜!
えりちんの似顔絵を描くのも楽しいし♪

「cinecafe soto」また行こうね☆
他にもたくさん遊びにいきましょう♪♪♪
Posted by aque at 2008年04月21日 16:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック