2005年09月29日

ベトナム紀行〜ぼったくりの巻〜

bottakuri.jpg前回、「ベトナムの女性は強い!」と書いたが、
その対照的なのはベトナム男性。
女性陣は老若男女問わず、キリリとした顔つきで
テキパキ働いている姿をよく見かける。
しかし、男性陣。
こどもはよく働くのだが、大の大人たちは
さぼってヘラヘラしている姿ばかりが目に付く。
よく言えば、優しそうなのだが、頼りない。。。

「越南勉強帖」という、装丁の美しい本をベトナム好きが高じて先日購入したのだがその著書にこう記されていた。
「ベトナム男性は女性に対し、紳士的に振る舞うのが彼らの礼儀」
(↑自分なりに解釈。)
デート代も100%男が払う!
彼女の送り迎えも100%!!だそう。
うらやましい。
しかし、その紳士的な所作振る舞いも
結婚するまでの話しで結婚したら、
今までのことはまるで夢物語の如く、
手のひらを返したように
紳士的な態度など微塵もしないみたい。
女性としてはおもしろくないだろうなぁ。
だから、奥様方はだんな様に対して威圧的なのかしら?

ところでチョロン(中華街)のビンタイ市場で
買い物をしている時のコト。
市場 は 定価がないだけに市場調査を兼ねて、
とある食器屋さんで値段を聞いた。
最初に対応してくれたのは女主人。
プラスチックの小皿(ココの市場はまとめ買いがほとんどで
お皿なども1ダース単位なことが多い)
を指さし、金額を聞いた。
「15,000VND」(10,000VND=約70円)
なるほど。「他も回ってみるか」と思い、
周辺をぐるりした所で
半ば買う気満々で元のお店に戻ってきた。
また念の為、金額を聞いてみた。
さっきまでヘラヘラそこら辺を徘徊していた
だんな様が今度は対応。
「25,000VND!」

はぁっ!?!

約1.5倍以上も跳ね上がっている。
思わず、日本語で
「ぼったくり〜〜ぃぃ!!」
と大声で叫ぶと、
「まずった!」って顔ですたこら奥さんの所へ逃げてった。
まったく油断も隙もあったもんじゃない。
しかしそういいながら、なぜだか憎めないのでした。
(ベトナム女性もそんな気持ちなのかなぁ…)
posted by aque at 14:08| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
突然の書き込み失礼いたします。

この度、ブログのランキングサイトがオープンいたしました。
  【ブログランキング Bloking】http://bloking.jp
まだオープンしたてのサイトですが、貴サイトのアクセスアップに
貢献できればと思っております。

誠に勝手ではございますが、是非とも参加していただければ幸いです。
末筆ながら、貴サイトの益々のご発展をお祈りしております。
Posted by Bloking at 2005年10月05日 19:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック