2007年01月27日

アタシの知らないアタシ

moja.jpg

「自分」というものは
「自分が知っている自分」
「人が知っている自分」
「誰も知らない自分」
の3種で構成されていると、以前聞いたことがある。

誰しもが「自分」というものが一番分かっているようで
分かっていないものではないだろうか。

先日、こんなことがあった。
飲みの席でのこと。

「aqueちゃんはサバサバしてて、言うならば深津絵里系だよね。」

女性なら「深津絵里さん」に例えられたら嫌な気はしないだろう。
アタシもその例に漏れず、
「そうっすか〜〜??」などと少し喜んでいた。

が、その一言を聞いて、親友のクミが猛反撃。
「サバサバは違うよ。aqueは…ポコポコだよ!」

ポコポコ??

「深津絵里も違うよ!aqueは…
モジャ公だよ!!!」

生まれてはじめて聞いた例えにあ然。

でも彼女はしごく真剣。

「aqueは藤子不二雄キャラだよ。
モジャ公はかわいいよ!」

…残念ながら「モジャ公」というキャラクターを知らなかったので
家に帰り、ネットで調べてみた。
「コロ助(キテレツ大百科)」のようなキャラを想像していたアタシは
画面に出てきたモジャ公の画像を観てさらにあ然。

藤子不二雄漫画史上、最高にちんちくりん。。。

しかもさらに調べてみると、

「毛玉のような格好の宇宙人。負けず嫌いでガラっ八。
女性に目が無くて、どこの星の女性にもひとめぼれしてしまい
正気を失う。」


ど…どんなだ!

しかし彼女の目にはアタシがこのように映っているのかと思うと、
真夜中、パソコンに向かってひとり大爆笑した。

「自分の知らない自分」
それが「モジャ公」か…

今度、アタシに逢ったら、
「よっ、モジャ公!」と呼んでくれて結構。
本望だよ。
posted by aque at 20:36| Comment(2) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うん、aqueは藤子ワールドにでてきそうな、
私たちに夢を与えてくれる人なのです。
さらに、親しみやすくて、少年のような部分もあり、
カラーでいうとオレンジ色。

よってモジャ公。
Posted by at 2007年02月04日 22:49
おぉっ!嬉しいね〜^^
オレンジな少年!
なんだか甘酸っぱくっていいね。

でもモジャ公は夢は与えてくれそうだけど
少年な感じなのかしら??
今度、読んでみるよ!
Posted by aque at 2007年02月05日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: モジャ公モジャ公(モジャこう)は、藤子・F・不二雄の漫画作品及びそれを原作とするアニメ作品。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikip..
Weblog: このマンガが読みたい!
Tracked: 2007-07-29 17:39