2011年03月01日

【cinema】幸せはシャンソニア劇場から

chansonia_72.jpg

↑画像をクリックすると大きいイラストが見られます。



久々に映画のイラストを描きました☆

ちょっぴり悲しいのにHAPPYにしてくれる。。。
そんな映画が好きです。
『幸せはシャンソニア劇場から』はまさにそんな作品。

たくさんの登場人物が織りなす物語は
シャンソニア劇場で公演されるキラキラ輝く
ミュージカルのようには行かないけれど
様々な幸せの形を教えてくれます。

ちょっぴり落ち込んだ時にオススメの作品です。


----------------------------------------------------------------

「幸せはシャンソニア劇場から」
1936年パリ。
下町の人々から愛されるミュージックホール・シャンソニア劇場は、
不況のあおりで不動産屋に取り上げられてしまう。
劇場の従業員・ピグワルは仲間と劇場を取り戻そうと、
美しいドゥースの歌声を頼りに再び公演を始めるが、
頼りの彼女もすぐに去ってしまい、
劇場は風前の灯火に…。
別れた妻の元に引き取られた
一人息子・ジョジョにも会うことも許されず、
沈むばかりのピグワルだったが、
ある日突然、歌姫として成功したドゥースが戻ってくると、
たちまち劇場に人があふれ、シャンソニアは見事に復活、
毎夜満員の華やかな舞台が繰り広げられる。
だが、順風満帆でみんなが浮かれる革命記念日の前夜、事件が起きた…。


製作国    フランス・ドイツ・チェコ
初公開年月  2008年
監督     クリストフ・バラティエ
出演      ピゴワル:ジェラール・ジュニョ他




----------------------------------------------------------------
posted by aque at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック