2006年03月15日

花粉の恐怖〜その1〜

0315.jpg

春がやってくる!
しかしアタシはうかれぽんちになれない。
なぜなら春のそよ風はヤツを連れてやってくる。。。

去年程の量はないとはTV等で言っていたが、
そんなのは気休め…そうアタシは重度の花粉症だ。
ドラッグストアの店頭に並ぶ「花粉症グッズ」を
一通り物色する程の典型的な花粉症。

この季節はカラフルな「春物ファッション」が目に止まり、
心がウキウキ、ワクワクする女心くすぐる季節にも関わらず、
アタシは顔の半分くらいあるマスク、
そして花粉症で赤くなった目を保護する眼鏡を装着し、
見るからにうら若き(若くもないが)乙女(自称)にはほど遠い。
怪しい。まるで強盗犯だ。

しかも運動不足の体を酷使し、電車に走って飛び乗ると、
鼻息のせいで一瞬にして眼鏡が曇って目の前が真っ白。
まるでラーメン大好き小池さんだ。。。

しかし不思議なのは、街や電車でアタシと同じような
マスク姿の成人を見かけると妙な連帯感を感じる。
それどころか、マスクをしないと妙に落ち着かなくなるもんだから、
慣れとはこわいものですね。。。
posted by aque at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック