2009年09月06日

【cinema】雨に唄えば

rain_cinema.jpg

↑画像をクリックすると大きいイラストが見られます。



久々のUPです。。。
怠け癖は相も変わらずです。

さてさて。
ずっと観よう観ようと思ってなかなか観ていない映画が沢山ある。
その1本がこれ、『雨に唄えば』

ジーン・ケリーが雨の中で唄いながら踊るシーンは
CMや何かで目にしたことのある人は多いんじゃないでしょうか?
名シーンとして語り継がれるだけあって、
一度観たら忘れられないくらい美しくって楽しい1シーン。
溢れ出す喜びの感情をこれまで感動的に美しく表現できるなんて。
踊りと歌と、ミュージカル映画が光り輝いていた頃の金字塔。

映像技術が発達して、派手なアクションやCGを駆使している
ハリウッドにまたぜひこのようなHAPPYな気持ちにしてくれる
映画を作って欲しいと切に願ってしまう。

少し憂鬱に思っていた雨も愛おしくなってしまう
そんな魔法のような作品です。
まだ観てない人、ぜひ観てみて下さい。
そして雨の日、この歌を口ずさんでみて下さい。



----------------------------------------------------------------

「雨に唄えば」
映画がトーキーに移り始めたころのハリウッド。
人気スターのドンは、相手役の女優リーナの悪声に愛想を尽かせていた。
そんなとき、かわいいコーラスガールのキャシーを知る。
キャシーはリーナの吹替えとなり、
リーナはキャシーを永遠に自分の声優にしようとする。
そんなスターのわがままを許す映画界だが…。

製作国    アメリカ
初公開年月  1959年
監督     ジーン・ケリー スタンリー・ドーネン
出演      ジーン・ケリー デビー・レイノルズ他




----------------------------------------------------------------

posted by aque at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック